前へ
次へ

不動産登記簿コンピューター化の時代です

近年日本でもコンピューターの普及と発達には目を見張らされます。
およそどのような役所にお出かけ

more

不動産登記も時代の流れとともに変わる

今朝は不動産登記に関する話題です。
不動産登記も近年はすべてコンピューター化されました。

more

不動産登記の書類も近年は名称変更が多い

その昔不動産の登記簿は登記簿謄本とか登記簿抄本とかの名前で呼ばれていました。
それが電算化によ

more

不動産登記の2種類のソフト

不動産登記の申請手続きは、PCで行うこともできます。
WEBで申請する形になりますが、わざわざ窓口などに足を運ぶ必要もありませんから、とても便利です。
そのPCによる申請も、実は2種類あります。
市販のソフトを買うか、行政が指定するソフトです。
前者の市販ソフトは、DVDなどをイメージすると分かりやすいです。
不動産登記に関する専用ソフトを買って、オンラインで手続きを進める形になります。
かなり機能が充実していて、使い勝手が良いという声も多いです。
ただデメリットもあって、費用は若干高めになってしまう傾向があります。
そもそも市販ソフトは、無料ではありません。
使用するソフトにも左右されますが、製品によっては10万円を超える事もあります。
手持ち予算によっては、ソフトで申請するのは難しい事もあるでしょう。

旭区でトイレの床クッションフロアーの貼替え
トイレ本体だけでなく床のリフォームもお任せください

劣化している給湯器はございませんか?
旭区のウォーターソニックなら有名メーカーの給湯器をお安く取替えさせていただきますよ

住まいづくりを始めるならまずは土地を決めませんか?
山梨県でお探しなら西甲府住宅にご相談ください

仮設で叶えるオフィス
事務所建設は東京プレハブネットにお任せください

予算や期間に合わせて倉庫をつくる
レンタルやリースなど東京ハウジングがご提案いたします

もう1つの行政指定のソフトの場合は、原則として無料になります。
基本的には、ダウンロードする必要があります。
ダウンロードだけでなくインストールも必要ですが、費用に関するメリットは大きいです。
そもそも不動産登記の手続きを進める時には、色々費用が求められます。
専門家に依頼する時には、数十万円ぐらいの費用が必要です。
色々出費もありますから、無料で利用できるメリットは大きいでしょう。
お金を節約したい時は、行政指定のソフトはおすすめです。
ただ行政が指定しているソフトは、若干使いづらいという声もあります。
そのソフトには操作マニュアルもありますが、かなりのページ数になります。
PCでマニュアルを確認する事はできますが、実に600ページ前後になります。
機能も、有料ソフトの方が優れているという声も多いです。
ですから機能面を重視したいなら、市販のソフトで不動産登記の申請手続きを進めると良いでしょう。
市販ソフトは、確かに使いやすいです。
またお金を節約したい時は、行政指定のソフトを使用する選択肢もあります。
どちらを利用する方が良いかは、状況次第です。

Page Top